公民のページ(2016年度)

【第76回】筑波大学倫理対策問題の解答・解説(2018/06/29)

こんにちは。倫理、政経の平山です。江戸時代における日本思想(学問思想:古文辞学)と古代における中国思想(荀子:性悪説)との共通点を考えさせる問題でした。古文辞学を単独で出題された場合でもなかなか手ごわい問題であるにも関わらず、今回は荀子と2つ合わせての問題で少し混乱した方もいるやもしれません。こういう時どう立ち向かうのか、その部分にも触れて説明してゆきたいと思います。

第75回の解答・解説

(PDFファイルが開きます)

【第75回】筑波大学倫理対策〔問題編〕(2018/06/22)

筑波大学では倫理の問題が出題され、その問題形式には特徴があります。ズバリ400字の論述問題が出題されるのです。日本に数多くの大学が存在しますが、倫理の問題を取り扱う大学としては、最難関の大学といってよいでしょう。ここではその筑波大学の倫理問題の取り組みについて考えてみたいと思います。

筑波大学倫理対策〔問題編〕

(PDFファイルが開きます)

【第74回】【第73回】筑波大「日本思想の問題」の解答・解説(2018/04/04)

一番のポイントは何といっても従来の鎌倉時代からの「武士道」が戦闘員としての心構えに力点があったことに対して、江戸時代の「士道」は平和な時代の為政者としての心構えに力点がおかれることを説明するところにあります。

それでは解答・解説です!

第73回の解答・解説

(PDFファイルが開きます)

【第73回】筑波大「日本思想の問題」(2018/04/04)

こんにちは、研伸館で公民を担当しております平山洋史(ひろし)です。今回は、筑波大学の対策の として、倫理のうち、日本思想の問題を考えてもらいたいと思います。

それでは、「健 闘 ヲ 祈 ル」

筑波大「日本思想の問題」

(PDFファイルが開きます)

【第72回】一橋大「政治・経済対策」解説 (2017/10/13)

今回の問題は経済分野の内容でありながら、政治的な要素、また日本史的な要素を盛り込んだ上で述べるようにすることが求められているということを見極めていただきたく思います。

そして「1955年頃から」という条件を、その年度から考え始めるのではなく、1955年の経済(政治)状況が整ったその元をさらにたどっていき、戦後におけるアメリカの民主化政策を起点として、順を追って述べてゆくと論点を割り出しやすくなるということにも気づいていただきたいと思います。

こうした見極め・気づきをもとに学習を進めていってください。

第71回の解答・解説

(PDFファイルが開きます)

【第71回】一橋大「政治・経済対策」問題 (2017/10/06)

こんにちは、研伸館で公民を担当しております平山洋史(ひろし)です。今回は、一橋大学の対策として、政治・経済のうち、経済分野の問題を考えてもらいたいと思います。

それでは、「健 闘 ヲ 祈 ル」

一橋大「政治・経済対策」問題

(PDFファイルが開きます)

【第70回】筑波大「倫理対策問題」解説 (2017/06/30)

考え方としては以下の順で組み立ててみるとよいでしょう。

1.まずバラモン教の特徴をおさえる。
2.そのバラモン教に対抗する要素を浮き彫りにする。
3.ジャイナ教の特徴を「箇条書き」にしてみる
4.仏教の特徴を「箇条書き」にしてみる。
5.3と4の相違点を見出す。
6.3と4の共通点を見出す。

それでは解答・解説です。

第69回の解答・解説

(PDFファイルが開きます)

【第69回】筑波大「倫理対策」問題 (2017/06/23)

こんにちは、研伸館で公民を担当しております平山洋史(ひろし)です。今回は、筑波大学の対策のとして、倫理のうち、源流思想の問題を考えてもらいたいと思います。

筑波大「倫理対策」問題

(PDFファイルが開きます)

【第68回】筑波大「倫理対策問題」解説 (2017/01/20)

本年度、最後の問題として、これは難問でしたね。いかんせん「罪」「悪」といわれても、そのイメージを持つ、つかむことができない、といったところだと思います。しかしこれに向き合っていかねば、答案を書くことはできないですし、何としてでも、たぐりよせながらでも、400字に近づかねばなりません。まさに「罪」な問題で、「悪問」といったところでしょうか。

さて前置きはこの辺で。では本題に入ります。

第67回の解答・解説

(PDFファイルが開きます)

【第67回】筑波大「倫理対策」問題 (2017/01/13)

こんにちは、研伸館で公民を担当しております平山洋史(ひろし)です。今回は、筑波大学の対策のとして、倫理のうち、源流思想(西洋思想)・日本思想の問題を考えてもらいたいと思います。

それでは、「健 闘 ヲ 祈 ル」

筑波大「倫理対策」問題

(PDFファイルが開きます)

【第66回】第65回の解答・解説 (2016/10/07)

日本でも18歳選挙権が認められることとなりました。このことを受けての「選挙」に関する出題でした。選挙の投票の年齢制限が下げられると、懸念される問題点もあります。

たとえば、明確な政治方針を持ち、支持する政党の見極めができるのかどうか、といった点や、参政権そのものを「成人」とみなす定義にしてしまうと、飲酒・喫煙の年齢はどう扱われるのか、といった点、また、低年齢に合わせた政策を表明し、その票を獲得するために迎合するような候補者が現れる可能性がある点などが挙げられます。

しかしながら、18歳と20歳とでそれほどまでに差はあるのか、また、成人の定義そのものを参政権と合わせる必要があるのか、と考えれば、こうした懸念も払拭することができます。要は、わたくしども自身が襟を正し、そして皆さん自身がしっかりと世相を見極める眼力を持てば、自ずと解決するというものです。そのためには、わたくし自身、良き指導を心がけるように努め、皆さん自身はこの場にてしっかりと学んでいただければと思います。

第65回の解答・解説

(PDFファイルが開きます)

【第65回】一橋大「政治・経済対策」問題 (2016/09/30)

こんにちは、研伸館で公民を担当しております平山洋史(ひろし)です。今回は、前回と同じく一橋大学の対策の一環として、政治・経済のうち、政治の問題を考えてもらいたいと思います。

【第65回】一橋大「政治・経済対策」問題

(PDFファイルが開きます)

【第64回】一橋大倫理対策「ギリシア思想・現代西洋思想」の解答・解説 (2016/07/01)

どうでしたか、この問題。「えっ」と思われた方もいたかもしれません。
日常のありふれた生活では、なかなかこうした哲学的思考の場というものはないようにも思われますが、受験科目において、 「倫理」、あるいは「倫理、政治・経済」を選択したからには、せめて受験までの一年間だけでも(時限立法としてでも)、哲学的に生きてゆかねばなりません。

第63回の解答・解説

(PDFファイルが開きます)

【第63回】一橋大倫理対策「ギリシア思想・現代西洋思想」の問題 (2016/06/24)

今回は、一橋大学の対策の一環として、倫理のうち、ギリシア思想・現代西洋思想の問題を考えてもらいたいと思います。

【第63回】一橋大倫理対策

(PDFファイルが開きます)