国語のページ

【第60回】強者の戦略オリジナル問題〔解答解説編〕(2019/09/16)

実際に解答を作成してみると、「100~120字」でまとめるのはかなり大変だったと思います。特に東大志望者は、「100~120字」にどれだけ内容を盛り込めるか」とともに、「日本語として不自然な表現になっていないか」を意識して解答を作成する練習をしましょう。

なお、今回の文章の作者である折口信夫は柳田国男の弟子でもあった高名な国文学者・民俗学者・歌人で、「貴種流離譚」などの用語を作ったのも彼です。教養として、名前くらいは知っておきましょう。

第59回の解答・解説

(PDFファイルが開きます)

【第59回】強者の戦略オリジナル問題〔問題編〕(2019/09/16)

今回は現代文の要約問題です。文章自体はそこまで難しいものではありませんが、必要な部分を的確に判断し、字数の中でまとめる練習としてチャレンジしてください。時間は分程度が適当です。

強者の戦略オリジナル問題

(PDFファイルが開きます)

【第58回】現代文・解答解説編(2019/08/09)

実際に解答を作成してみると、「100~200 字」でまとめるのはかなり大変だったと思います。特に東大志望者は、「100~200 字」にどれだけ内容を盛り込めるか」とともに、「日本語として不自然な表現になっていないか」を意識して解答を作成する練習をしましょう。

なお、今回の文章の作者である折口信夫は柳田国男の弟子でもあった高名な国文学者・民俗学者・歌人で、「貴種流離譚」などの用語を作ったのも彼です。教養として、名前くらいは知っておきましょう。

第58回の解答・解説

(PDFファイルが開きます)

【第57回】現代文・問題編(2019/08/02)

今回は現代文の要約問題です。文章自体はそこまで難しいものではありませんが、必要な部分を的確に判断し、字数の中でまとめる練習としてチャレンジしてください。時間は分程度が適当です。

現代文・問題編

(PDFファイルが開きます)

【第56回】陶淵明の『雑詩其一』の解答・解説(2019/04/24)

漢詩には独特のルールがあり、特に近体詩の読解では基本的なルールの理解が重要である。今回のような「排律(十句以上の詩形」の場合、まずは二句で一つの「聯」を形成)することを意識して「聯」ごとに内容を考える必要がある。今回の問題は「聯」ごとに、考える癖をつけてもらうため、敢えて(一)〜(三)まで同じように「聯」に注目して内容を考える問題としてある。

第55回の解答・解説

(PDFファイルが開きます)

【第55回】陶淵明の『雑詩其一』より出題(2019/04/24)

今回は漢詩です。出典は陶淵明の『雑詩其一』で、非常に有名な漢詩ですね。15分程度で解いてみましょう。

陶淵明の『雑詩其一』

(PDFファイルが開きます)

【第54回】強者の戦略オリジナル問題の解答・解説(古文)(2019/04/13)

意外に訳しにくかったのではないでしょうか。古文は「何となく」ではなく、正確に訳せる力がないと得点には結びつきません。また、知識が定着していれば、「あまる」などは「暗記すべき単語ではない」→「文脈や現代語から類推すべき」と判断ができます。

知識は学習の第一歩に過ぎませんが、これからも知識の定着・運用を意識してください。

第53回の解答・解説

(PDFファイルが開きます)

【第53回】強者の戦略オリジナル問題(古文)(2019/04/13)

古文読解の前提となるのが、文法・単語や和歌修辞法などの知識面です。今回は有名な「百人一首」の和歌を訳してみましょう。「中学校で習ったよ」という人も、できれば実際に訳を書いてみることで、正確に訳せるか再確認してください。

もちろん、知識だけではなく、和歌の内容にも注意してください。

強者の戦略オリジナル問題(古文)

(PDFファイルが開きます)

【第52回】強者の戦略オリジナル問題(現代文)の解答・解説(2018/04/13)

いかがだったでしょうか。文章自体が抽象的で理解しづらいことに加えて、120字以内に内容をまとめるのも簡単ではないことが実感できたと思います。

東大・京大志望者は、単に重要そうな箇所を探したり、本文を抜き出すだけでなく、「一番重要な部分」はどこか、「結局何を言いたいのか」を常に考えるクセをつけましょう。

第51回のの解答・解説

(PDFファイルが開きます)

【第51回】強者の戦略オリジナル問題(現代文)(2018/04/13)

東大・京大等の最難関大学志望者に向けた「強者の国語」の1回目です。

今回は、短いですが、なかなか歯ごたえのある文章です。さっそくチャレンジしてみましょう。時間は20 分が目安です。

強者の戦略オリジナル問題

(PDFファイルが開きます)

【第50回】『戦国策』の解答・解説(2018/04/04)

出典の『戦国策』は後漢の劉向が編纂した史書(逸話集)。「戦国時代」という名称の由来にもなっています。特に「縦横家」と呼ばれる策士・遊説家たちの活躍が中心であり、道徳的言説よりも実利的で、術策や弁舌を重んじる傾向が顕著です。「虎の威を借る狐」「漁夫の利」「先ず隗より始めよ」など、故事成語となった逸話も多いです。

それでは解答・解説です!

『戦国策』の解答・解説

(PDFファイルが開きます)

【第49回】『戦国策』より問題(2018/04/04)

今回は漢文です。出典は面白い文章の多い『戦国策』から。20分くらいを目安にチャレンジしてください!

『戦国策』より問題

(PDFファイルが開きます)

【第48回】京大系の現代文の解答・解説(2017/08/11)

京大系の現代文坂口安吾「教祖の文学―小林秀雄論―」の解答・解説です。

京大系の現代文の解答・解説

(PDFファイルが開きます)

【第47回】京大系の現代文より出題(2017/08/04)

京大系の現代文(坂口安吾「教祖の文学―小林秀雄論―」)より出題です。

京大系の現代文より出題

(PDFファイルが開きます)

【第46回】『撰集抄』の解答・解説 (2017/04/18)

どうだったでしょうか? 「読めたつもり」になっていないか、確認しましょう!

『撰集抄』の解答・解説

(PDFファイルが開きます)

【第45回】『撰集抄』 (2017/04/07)

受験生としての一年が始まりました。楽しみながら、けれど着実に勉強を進めましょう!

『撰集抄』

(PDFファイルが開きます)

【第44回】第43回の解答・解説 (2017/01/20)

こんにちは。『讃岐典侍日記』いかがでしたか。今回は解説編です。

第43回の解答・解説

(PDFファイルが開きます)

【第43回】2016年最終問題 (2017/01/13)

こんにちは。二〇一七年が始まりました! 本番も、もうすぐそこです。

今回は『讃岐典侍日記』からの出題です。

2016年最終問題

(PDFファイルが開きます)

【第42回】第41回の解答・解説 (2016/10/07)

こんにちは。『我が身にたどる姫君』、いかがでしたか。今回は解説編です。

第41回の解答・解説

(PDFファイルが開きます)

【第41回】擬古物語『我が身にたどる姫君』 (2016/09/27)

こんにちは。今回は擬古物語『我が身にたどる姫君』からの出題です。

擬古物語『我が身にたどる姫君』

(PDFファイルが開きます)

【第40回】第39回の解答・解説 (2016/07/01)

第39回の解答・解説

(PDFファイルが開きます)

【第39回】『源氏物語』宿木 (2016/06/24)

こんにちは、国語科の松崎です。2013年の京都大学から『源氏物語』宿木の出題です

『源氏物語』宿木

(PDFファイルが開きます)